金町ブログ

2014.12.04

最近、逆流性食道炎が若年化していると言われています。
先日、患者様でこの逆流性食道炎を患っている方が、
吐き気があるので何か和らげる方法はありませんか?
こんな質問を頂きました。

すぐに思いついたのは「内関(ないかん)」というツボです。
このツボは乗り物酔い等にも効果のあるツボとして知られています。
場所は手首より、指三本上の所に位置します。

ここに「円皮鍼(えんぴしん)」いわゆる置き鍼を貼ります。
たったそれだけのことでこの方の吐き気はかなり軽減しました。

これがツボの効果です。
もちろん全ての吐き気に対し効果を保証するものではありませんが、
乗り物酔いや、交通事故のムチウチによる吐き気等にも効果を多く確認しています。

押すだけでも効果が期待できますので、試してみてください。

投稿者:金町ふじ整骨院

金町ふじ整骨院 03-5876-5319