金町ブログ

2014.09.25

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
日中と夜の寒暖差もありますし、室内ではまだ、冷房が手放せない時期。
この時期は、冷えに注意です!

冷えは、血行不良を誘発し、腰痛・膝痛の原因となります。
思わぬケガにもつながる危険性があります。

ずっと冷房のかかっている部屋に入り浸らないで、時々外を軽く散歩したり、冷房を1時間OFFにしたりするなど、冷え対策を行っていきましょう。
冷房がきつい環境では、肩や腰、膝を冷やさないように、一枚羽織ったり、ひざ掛けを掛けたりすると良いですね。

また、ついつい冷たい食べ物に目が行きがちですが、意識して温かい食べ物を口にするようにする事も重要です。

特に注意したいのが飲み物。
9月ですと、まだ冷たい飲み物を欲しがちですが、温かい飲み物とまでは言いませんので、できればお茶やお水は、常温のものを摂取するように心がけましょう。

で、怖いのが就寝時なんですよね。
冷房をうっかりつけたままにすると、さすがに真夏ではないから、深夜部屋がヒエヒエになってしまう。
でもお風呂上り、冷房なしもちょっときつい。
タイマーを上手に使って、寝ている間に冷えないように気を付けてくださいね。

投稿者:金町ふじ整骨院

金町ふじ整骨院 03-5876-5319